前編はこちら。
 
 
 
お土産に頂いたコン☆ドームを
子どもらに見せて説明してみました。
 
反応は三者三様、
でも、
皆んな興味津々!
 
中でも、
一番強く興味を示したのは小3息子氏でした。
 
一番面白いなと思った息子氏の感想。
 
息子「これを使ったら、
僕の優秀な種を
殺しちゃう事になるから嫌だなぁ。」
 
これは、
以前に息子にどうやったら子どもが出来るか
説明した時の事をちゃんと覚えている証拠。
 
↓↓↓↓
 
過去記事、
子どもの疑問、赤ちゃんってどうやって出来るのか?
 
 
 
 
沢山の種(精☆子)の中で、
最後まで頑張って一番になった
ラッキーかつ優秀な種だけが
命になれるんだよって話したのを、
忘れずに覚えていてくれてるんだなと。
 
せっかくの種が、
この蓋の中でどこにも行けずに死んでしまうのかと、
彼なりに自分の持ってる精子を
大切に考えているのです。
 
素敵な感覚。
 
これも一つの自己肯定感だよなと。
 
子どもって、本当に柔軟で秀逸だなぁ。
 
 
大丈夫だよ、いつもいつも、
優秀な種は作り続けられているから、
いつでも一番ステキな命が出来るからね。
 
それよりも、
命を育てられるようになってから作らないと、
せっかくの命を育てられないでしょ?
 
貴方はまだ育てるの無理だもんね。
 
大人になって、
パパみたいに家族を持てるようになるまでは、
これを使うことが、
種や命を大切にする事なんだよ。
 
そう説明したら、ほっとした顔してました(笑)
 
あー、素直で可愛い。
 
 
 
 
 
その後も置いてあるコン☆ドームを見ては、
 
開けてみていい?
 
これ、中身がどうなってるのか知りたい。
 
チ☆ンチ☆ンに着けてみたいな~。
 
と、素直に興味を表してきます。
 
 
そりゃそうだよね~。
 
自分の持ってるモノに被せるものと聞いたら、
そりゃ試してみたいよね~。
 
母ちゃん、貴方のその探求心、
大いに分かるし育ててあげたいわぁ~。
 
しかし、しかし、
さすがのちゃーりーも、戸惑っていた。
 
まだ小3の息子にコン☆ドーム。
 
早くないか???
 
暴走しないだろうか???
 
知る限りデータなし…
 
うーむ(-_-;)
 
でもね、
息子の興味津々キラキラした顔が可愛くて。
 
そこには何の嫌悪感も罪悪感もなくて。
 
反応しているのは、私の中のタブー感だなと。
 
だから、息子の気持ちを優先した。
 
ちゃ「開けてみていーよ。」
 
息子「やった!」
 
ちゃ「開けるからには、
ちゃんとした使い方も勉強するんだよ。」
 
息子「うん、わはわはわはわは。」(小躍り)
 
息子「ぬぉー、しめってる。
 
何これ、どうなってるの?
 
チ☆ンチ☆ンにつけるって、こう?」
 
息子氏、丸まったままのコン☆ドームを
チ☆ンチ☆ンにのせてみている。
 
まるでペッ☆サリーみたいだなと笑いながら眺める私。
 
ちゃ「ここは種が出た時に溜まるとこなの。
 
ここに空気が入らないようねじって、
 
んで、チ☆ンチ☆ンにのせて、
 
クルクルっと伸ばしていくんだよ。」
 
当然ながら勃起もしてないし、
ままだちっちゃい息子のムスコでは、
うまく着けれるはずもなくグダグタに(笑)
 
息子「すげーっっ、フタ、長いんだ。
 
ブカブカだー。」
 
ちゃ「そうだよ、
 
キミも大人になったら
 
これがフィットする位に
 
チ☆ンチ☆ン大っきくなるんだよ。
 
すごいよね!」
 
息子「えー、こんなにー???」
 
目をキラキラさせて、満面の笑み。
 
ハワイみやげだから、
若干大きいゴムな気がして
一抹の不安が過ぎりつつも(笑)
 
まだ見ぬ未来の息子のムスコに幸あれと、
心の中でエールを送る母であった。
 
ひとしきり、ゴムをいじり倒した息子氏。
 
満足気にしておる( ̄▽ ̄)
 
そこでゴムを膨らまして、風船作ってあげた。
 
↓この満足気な鼻の膨らみと笑顔(笑)
 
これが全てを物語っていますよね。
 
{6C1BC6F1-7153-4C8E-ACB8-8A127A5095D9:01}
 
うわー、こんなに伸びるんだー。
 
風船より薄くて柔らかいよ。
 
すごいね!
 
とにかく楽しそう。
 
この後、
末っ子と二人でお風呂に持って行き、
更に楽しく遊びましたとさ。
 
 
 
 
今回のこれ、息子に向けた、
初めてさんのコン☆ドームの着け方講座
になったなと。
 
お姉には、ここまで具体的に物をみせたり、
使い方は説明してきませんでした。
 
中学になって、
コン☆ドームの使い方動画を
一緒に見ようと提案したけど、
まだセック☆スしないからいいと断られ、
じゃあその時は教えてねと話をしたのですが、
そこから進展なく中2が終わろうとしています。
 
やはり、リアルな年齢になると、
子ども側も話を受け取りにくくなってしまうな
というのはあり。
 
具体的に教えるにはどうするかと、
私も模索中でした。
 
しかし、今回の息子を見ていて、
コン☆ドームの説明をするのは
小3~4がベストなタイミングだと感じました。
 
性の動き出す小5~6になると、
話を聞いてくれなくなります。
 
聞いていても、はぐらかしたり、
聞いてないフリをしたりで、
吸収力が半減してしまう感じなんです。
 
性の動き出す前に、
興味津々に知りたい欲求を向けてくれる時期にこそ、教えておくといいんだなと、
改めて感じました。
 
 
全ての小学生は
コンドームを膨らまして
遊ぶべきだ!
 
(あえて、べき、を使わせてもらうぜ)
 
小さい時からコン☆ドームが身近になれば、
セック☆スの時に絶対に思い出すはず。
 
そして、選択の一つとなるはず。
 
そう教えてくれた、息子の笑顔でした。
 
性教育って、本当に楽しい。
 
こんな風に
ドキドキする事を超えて教えてあげられるのも、
親子だからこそ。
 
長い目で側でフォローできる存在で、
 
絶対的な信頼を寄せてあげられる親だからこそ
そんな話が出来るの。
 
どうかみなさんも、
親子での性教育を楽しんで下さいね。
 
 
 
ちゃーりーさんだから、
こんな話が出来るって言われる事が多いけど、
性教育のチャンスって日常の中に沢山あるし、
意外と簡単なんですよ。
 
そんなヒントを盛り沢山でお話しします。
 
2/11大阪にて、笑う性教育。
師匠の田中みっちと、TT同期のドクター靖子さんとのコラボイベントです。
 
詳細andお申し込みはこちらからどうぞ。
 
 
 
********************
 
 
2/2(火) 11:15~「愛し愛され、ご自★愛レッスン」
 
 
2/7(日) 11:15~ 「大人の社会科見学ハプ★ニングバー」
 
 
講師に竹田淳子さんをお迎えしての、
 
衝撃の企画、二連発!!!
 
淳子さんホムペhttp://attractiveclub.jp/
 
 
********************
 
アドラー心理学と性☆愛セラピストの
最強コラボイベント!
 
 2/25 10:00~「女を愉しむ性愛幸福論」
 
 
 
 
******************
 
 
真性☆愛学基礎講座で、メ☆スについての基礎をおさえましょう!

 

↓↓↓↓↓
 

 

栃木で開催する真・性☆愛学基礎講座
1/21  1/31  2/9  2/21
三月以降の栃木開催の予定はありません。
ご依頼あれば、全国各地、出張開催いたします。
2名様より承りますので、メッセージ下さいませ。
 
 
******************
 
 
「親子で楽しむコミュニケーション性共育」

 

 

 

「オトナの女性のための本当の性のお話」

 

 

 

 

全国どこへでも、出前講座いたします( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 
 

 

下記もしくはアメブロやフェイスブックメッセージ等よりお問い合わせ下さいませ。

 

 

 
 
 

 

******************

 

 

 
 
 

 

師匠田中みっちの最新DVD再婚は最高編