{F1FB109C-A3C0-4DAC-8A77-12C373324000:01}

ピンク映画界初の女性映画監督、浜野佐知監督の作品、

「百合祭」を購入&鑑賞いたしました。

母と一緒に。

高齢者の性を描いた作品で、

70代からの女性達が、男性との出会いをきっかけに、性のエネルギーを燃焼し、

若返ったり、解放的になっていくんです。

ユーモアたっぷりに、でも真剣に性について考えさせられます。

やっぱり、性を解放すると明るくなるんです。

あぁ、本当に、いくつになっても女であることを大事にして、

明るい生涯を送りたいなと思う作品でした。

一緒に見ていた母69歳。

ちょうどこの出演者たちと同じ年齢に差し掛かります。

初めは調子よく甘い言葉を吐いてばかりの男性に、嫌悪感を感じる発言をしてた母。

父を亡くしてちょうど5年。

父への思いが強い母ですから、父なき今、女性である自分を頑なに閉じています。

それは、ご近所付き合いなどでも過敏になるほど警戒していて。

もっとおおらかに笑っていればいいのになと思ってみています。

あ、それは、新しいパートナーを作れとかそういう事ではなく、

父への思いと、自分が女性であることを別に生かせたら、

もっと彩のあるこれからになると思うのです。

女性である自分を楽しむ事は、人生の幅を広げることだと思うなぁ。

映画の中で最後に、

「男とか女とかにこだわりすぎてたのかもしれない・・・」

というセリフがありますが、

まさに、女性のエネルギーを活かしていけば、

男も女も関係なく、自由に自分の人生を謳歌できる世界が待っているなと思います。

母にそんなメッセージが伝わっていたらいいな~。

映画を見終わった母は、

「いくつになっても若くありたいわよね・・・」と、

少し高齢者の性について柔らかい発言をしていました(笑)

個人的に印象に残っているセリフとしては、

「この年になると男が少なくなるんだもの、早く死んじゃってさ。」

「生きていたって私たちにセックスアピールしてくれるような男じゃないとねぇ。」

はい、セックスアピールをうけるような女でありつづけ、

一生懸命アピールしてくれる男をかわいいと思える女でありたいなぁ。

百合祭に行き着いたのは、浜野監督のインタビュー記事を読んだことでした。

http://www.tabroid.jp/news/2014/12/matsumoto5.html

浜野監督の「女に性を取り戻す」という考えは、

私の所属する日本性愛セラピスト協会と共通する理念です。

大いに賛同、共感しました。

監督とみっちさんの対談、聞きたいよねぇ。

ふふふ、既に動いているから、ちょっと待ってね。

実現してみせるぜぃ!!!

**********************

年内に栃木で開催する真・性愛学基礎講座

http://smart.reservestock.jp/group_lesson_form/index/13584

11/1日曜日、性教育講座in尼崎。

親向け講座と大人の講座の二本立て。

詳細&お申し込みは主催者うはさんのblogからどうぞ。

http://s.ameblo.jp/tumugite-uha/entry-12082113623.html

11/8セッション付きお食事会、下女と姫とサヌキと姫と。NEW
性愛セラピスト仲間のおきこ、たまえ、トラちゃんとのコラボイベントです。

http://www.reservestock.jp/events/89992

11/19師匠田中みっちの宇都宮講演会があります。

みっちさんとちゃーりーに一気に会えるチャンス。

この機会をお見逃しなく!

http//s.ameblo.jp/micchi222/entry-12058089553.html?frm_id=v.jpameblo×tamp=1444173267

12/17お昼から女をアゲる禁断ことりっぷ。

ストリップ鑑賞つき昼宴会!
「親子で楽しむコミュニケーション性共育」

「オトナの女性のための本当の性のお話」

全国どこへでも、出前講座いたします( ´ ▽ ` )ノ

下記もしくはアメブロやフェイスブックメッセージ等よりお問い合わせ下さいませ。

http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10249

師匠田中みっちの最新DVD再婚は最高編

http://mailmaga1.jsta.biz/saikon-10it/