今日もとっても天気がよく、

絶好のご自愛シエスタ日和ですね。


こんにちは、ご自愛シエスタ研究家のちゃーりーです。


↑おい、いつからそんなんなったんだ?www



今日もお読みいただきアリガトゴザイマース。

たくさんの読者登録もいただき、

うれション気味に過ごしています。


ご自愛ネタの続きリクエストもいただいておりますが、

あんまりシモの話ばっかり続いたので話題休閑。


今日はライトなどうでもいいお話をお送りします。

どうでもいいので読まなくていいです。

もちろん、苦情も一切受け付けません。

読むなよ!





私ね、長女出産後から、切れ痔なんです。


↑おい、けっきょくシモの話じゃねーかよっ。


授乳期になるとおっぱいに水分とられちゃって、

便が硬くなって切れてしまう、

というのを3度の出産の度に繰り返し。

だんだん治りが悪くなっているのは気になっていたんです。

毎日、便意を催して起きるほどの快便ちゃーりーなので、

いくら普通のいい感じのブツであっても、


(便便書くのがはばかられるので表現を工夫してみました)


毎朝ピリッとやぶけてしまい、治る暇がない状態に。



最近、パソコンに向かって作業しすぎたせいか、

ここ一週間ぐらいひりひり痛んでしょうがないので、

意を決してコーモン科を受診することに。


知り合いの先生が多い病院しかチョイスがなく、


「こんにちは、お世話になってます。」→ケツ出し(-_-)


というシチュエーションになったらどうしようという、

はずかしめ妄想に打ち震えながら診察室に入ると、

知らないベテラン先生でホッ。


とするのもつかの間に、

挨拶もソコソにベットへ横になって脱げと。

さすがベテラン、考える隙を与えぬ巧妙な話術!


ズボンとパンツをどこまで下げたもんだかと悩みながら、

可もなく不可もないだろう絶妙な下げ具合で、

壁とお見合いしながらケツだして横たわる。

闘牛士のごとく穴あきシーツをひらひらさせながらやってくる看護師。


くっ、このはずかしめ、ただですむと思うなぞ。


ベテラン先生が横に来たと思ったら、すでに私の中にっ。


はうっ、せ、先生・・・そっちの穴はまだ処女な・・んで・・・す。


ベテランの素早くもなめらかなテクニックに、

切れた傷が巧妙にもてあそばれ診察され、

私の心は無重力状態。

おーーーーー、むーーーーー、はうっ。


「あー、これ、完全に切れ痔ね。

こりゃ痛いでしょ。もう、硬くなっちゃってるね。」


診察の結果、手術も視野に入れて治療することに。


マサカヂノシュジュツウケルカモナンテ、オモッテモナカッタワヨ、アタシ。


切れ痔の手術では、硬くなった皮膚を取り除き

正常な皮膚でつなぎあわせる。

プラス、しまりすぎている肛門括約筋を

切って緩めるとかなんとか。


センセイ、ソッチノアナガシマリヨクッテモ、ウレシクナインデス、アタシ。


晴天の霹靂。

切れ痔をなめてちゃいけませんね。

早いうちにきちんと治しておけばよかったわ・・・。


帰る道すがら、自分に問うた。


すべての出来事に肯定的な意図があるというなれば、

切れ痔が教えてくれる高次の意図っていったい何だい?


私は切れ痔で手術をうけることで、

いったい何を手に入れたかったんだい?


・・・・・・・・う~ん。


もはや、人生すべてネタである、しか思いつきまへん。

だれか、この出来事の高次の意図が分かる方、

どうか教えてください(笑)




それにしても、肛門括約筋切るってどういうこと?

ちょうどいい塩梅に切ってくれなかったら、

うさぎみたいにポロポロこぼしながら

歩くはめになっちゃうじゃないのよ。

おーこわ。

いや、しかし、

おじょうさん、何か落としましたよって、

素敵な男性がひろってくれて恋に落ちるかもしれん。

うん・・・ありやな。

↑いや、ありません。


人生いつでも、ナウゲタチャンス!(笑)


それでは皆さん、ご自愛シエスタ~。