無料動画のプレゼントや、お得なイベントを各地で開催中!

下記のリンクからご登録の上、是非ご利用ください。

アマナ夏フェス2017|この夏はアマナが日本をジャックする!

 

アマナ夏フェス2017☆連動企画!

優しい心、豊かな感性、健やかな愛情を育む、親子でアマナタッチ性共育

~親子時間をもっと楽しもう!~

ってことで、夏休みですね~。

親子で過ごす時間の増える夏休み、親子で共に受講でき楽しい時間を過ごせる性共育講座をご用意しました。

未就学児4歳~6歳対象のグループと、小学生のグループと分けて行います。

日程&申込みはこちら。

8/8 10時~12時 未就学児編@大阪 https://www.reservestock.jp/events/203160

8/8  14時~16時 小学生編@大阪 https://www.reservestock.jp/events/203272

8/27 10時~12時 未就学児編@東京 https://www.reservestock.jp/events/203274

8/27 14時~16時 小学生編@東京 https://www.reservestock.jp/events/203275

各回、10組ずつの少人数講座なので、お申込みはお早めに。

以下、イベント詳細です。

 

子育てしていて、こんな悩みはありませんか? 

仕事に家事に、忙しさに追われ、お子さんとの時間をゆっくり取れない事が多く、

寂しい思いをさせてしまっているのではないかと不安になったり。

 

お子さんが癇癪をおこしたり、グズグズ言うことが多かったりして、ついついこちらもイライラして感情的に怒ってしまい、

子どもの寝顔を見て反省してしまう。

 

他のお友達への乱暴な振る舞いが目についたり、逆に言いなりになっているのを目撃して、

この子は周囲との関係性を作るのが苦手なのではないかと心配してしまったり。

 

セックスレスや夫婦仲が悪い事で、子どもに愛情あふれる関係性を見せてあげられないことが

大きくなった時に影響しないだろうかと心配してしまったり。

 

性被害に合わないだろうか、性加害者にならないだろうか、

自分を大切にして欲しい、素敵なパートナーに恵まれて欲しい。

そもそも、お子さんの性教育をいつからどのようにすればいいか悩んでいる人は多いはずです。

 

 

 

親だからこそ、あれこれ悩みは尽きないものです。

私も、そんな悩みを抱えていた母親の一人でした。

一人で三人の子育てをしながら、仕事もやっていたので、それはそれは忙しく。

カリカリしながら子どもに声をかけ、ゆっくり子どもの話しを聞く時間がとれないことも多かったように感じます。

また結婚以来、家庭内不和が長く続きセックスレス歴15年だったこともあり。

度重なる夫の浮気に、温かな夫婦関係を子どもたちに感じさせてあげることができずにいました。

このままでは子どもたちが大きくなった時に結婚を嫌がったりしないかな?

男女のあたたかな関係性の存在を知らないで育つことが、子どもの未来にどんな影響を及ぼすのだろうかというのは、

常に私の中で気がかりだったように思います。

性教育でお母さん方に接していると、離婚や夫婦不和により同じような思いを抱えている方にもよく相談を受けました。

本当は優しく接したいのに、子どもとの限られた時間を大事にしたいのに、

それをできなかった時にとても悲しいし、自分を責めてしまうような気持ちになりますよね。

子どもたちの幸せな未来を強く願うからこそ、不安になったり、焦ったりして、

ついつい一方的な価値観の押し付けやコントロールをしてしまい。

そんな私の心が伝わり、ますます子どももイライラしたり、体調不良を訴えたり、逆にべったり甘えて手がかかったり。

悪循環の中でモヤモヤ、心が麻痺していくような日々を過ごしていました。

  

それから私は性教育に携わるようになり、親子間のコミュニケーションのみならず、

夫婦間のコミュニケーションについて真剣に学び始めました。

その中で生まれたのがアマナタッチ。

アマナタッチは、触れることで全身の皮膚感覚を呼び覚ます、簡単かつ優しいタッチングケアです。

皮膚と脳は密接な関わりをもっていますので、

1日たった5分のアマナタッチにより、

皮膚感覚を刺激すると、子どもの心の安定を促し、自他への健やかな愛着形成を育むことができます。

触れることにより自分の身体感覚を把握できることは自分の心を感じ守ることに繋がっており、

他者との境界線をしっかり引けるからこそ、お互いを尊重できる関係性を作ることが出来るのです。

 

日本人は育児の中で抱っこやおんぶなどを初め、触れることを大事にしてきた文化がありました。

しかし、ネット環境やテレビ、ゲームの普及などで触れるコミュニケーションが不足することで、身体感覚が失われ、

 心の境界線が上手くつくれなかったり、愛着形成がうまくすすまなかったりという現状があるようです。

身体感覚をしっかり持ち、愛着形成がうまくいくと、人は心の中に安全基地を手に入れ、

そこを栄養源に外界に冒険に出ていくことができます。

また、皮膚は脳と同じ発生機序を持っていますが、実は人は脳で考えるより先に皮膚で膨大な情報処理を行っており、

皮膚は人体で最大にして重要な感覚器官なのです。

皮膚感覚が鋭敏になることで、情報量が増え、

自分の感覚を大事にしながら個性を発揮し生きていくことに繋がります。

優しく触れる感覚の心地よさを体感覚で理解できているからこそ、

自分の感覚を大事にできるだけでなく、他

者のことも大切にする感覚を持てます。

 

触れることにより、自律神経やホルモンバランスが整い、自然治癒力も高まります。

 

タッチされる側だけでなくする側にも、心の安定や愛着形成を促す効果があるのですから、

親子で安定した心理状態になることができます。

実際にアマナタッチを親子時間に取り入れたお母さんからも、

子どもの気持ちが安定して体調が落ち着いた、

お友達との関係がよくなって積極性が出た、

子どもの事をより愛おしく感じて優しい気持ちで見守れるようになった、

など、喜びの声をいただいています。

この講座では、アマナタッチに加え、性共育も同時展開します。

「親子でアマナタッチ」により癒やしの時間を体験しあったり、

 

「Yes,Noハグワーク」で自分と他者の感覚の違いを感じたり、

 

「性教育絵本の読み聞かせ」で妊娠出産・プライベートゾーンを守ることを学んだり、

 

「性器の正しい洗い方」を一緒に習うことで自分の体を受け入れ大事にする感覚を養っていきます。

性は生きることそのもの。

 

性の否定は命の否定。

親子で小さいころから自然に性の話しをすると、思春期以降に疎遠になりがちな親子の会話がぐっと増えます。

タブーとされる事を向き合って話せるという感覚は、何にも代えがたい安心感と信頼感を親子間に育むものです。

 

小さな頃から優しいタッチの感覚を身につけ、自己信頼や自他を尊重する事ができ、

性を自然に受け止め大切に感じることができるなら。

 

きっと大きくなった時にもパートナーとの関係を上手に築き、

慈しみ合い、一生涯幸せな人生を歩めることでしょう。

お子さんに一生もののギフトを。

夏休みに親子でアマナタッチ性共育、始めてみませんか?

 

未就学児4歳~6歳対象のグループと、小学生のグループと分けて行います。

日程&申込みはこちら。

8/8 10時~12時 未就学児編@大阪 https://www.reservestock.jp/events/203160

8/8  14時~16時 小学生編@東京 https://www.reservestock.jp/events/203272

8/27 10時~12時 未就学児編@東京 https://www.reservestock.jp/events/203274

8/27 14時~16時 小学生編@東京 https://www.reservestock.jp/events/203275

各回、10組ずつの少人数講座なので、お申込みはお早めに。

 

ちなみに、JAEIオーナーズサイトhttp://att.jaei.jp/fes2017/にご登録いただき、

サイト内の右側バナーからこのイベントにお申込みいただきますと、

『クスッと笑えてほほーっと学べるマンコロマンメール講座』としてメルマガが16通届きます。

ご興味のある方は、こちらからお申込みください。