昨日は節分でしたね。
晩御飯はもちろん、恵方巻き!
海鮮巻きと、鶏そぼろ巻きの二種、作りました。

旦那に毎度どんだけ作るんだよーってつっこまれました。
家族そろって、今年の恵方南南東を向き、寡黙にムシャムシャ食べました。
なかなか美味しゅうございます。
長女(小5)、恵方も黙って食べるのも完璧。
さすが、御姉様。
長男(6才)、去年は何も分からずペラペラしゃべっておりましたが、今年は静かに食べられました。
しかし、恵方が理解できておらず、いつも通りの西を向いておりました。
残念、来年は完璧かな。
二歳次女は、全く理解せず、海鮮巻きの刺身だけを食べ、綺麗にのりとご飯を残す。
両手が生臭いことこの上なし。
毎年思うけど、黙って食べるのってどうなん?
やっぱ、ワイワイしゃべりながらのが楽しくていいと思うんだけどー。
さて、食後はお楽しみの豆まき。
我が家の小鬼二匹です。

保育園で作ってきたお面。
小さいのが福笑い鬼。
眉毛がつながり、目と口の位置がひでぶになり、鼻がひっくりかえってます。
さすが二歳の作品!
しかし、それをそのまま訂正せずやらせる保育園もおおらかだよなぁ。
大きいのが、裸のライオンキング鬼。
百年はいてもやぶれない、鬼のパンツがイカすでしょ?
保育園では、年長組は鬼になって脅かす方の役割。
この寒空に裸のパンツ一丁で、園庭の山からおどかしに行ったらしい(笑)
たぶん女の子も同じ格好だったと思うよ。
夏のプールもパンツ一丁だし。
幼稚園ママからは、信じられないと言われるけど、保護者も割とおおらかなんだろうなぁf(^_^)
さて、豆まきに戻りまして・・・
まずは、仲良しのお隣の家に乱入して豆まき!
(なぜか鬼が豆まきするシステム)
この格好で現れた長男を見て、中3と一浪のお兄ちゃんたちは大爆笑。
(ご迷惑かこないよう、毎年、小袋入りの豆をまいています。)
あっという間にお兄ちゃん達に反撃され、裸の鬼は総攻撃を受けてました。
子供達、汗だくになり、小袋の柿ピーはめちゃくちゃ。
それでも飽きたらず、帰宅後、パパ鬼に攻撃開始。

すっかり節分を満喫した我が家の節分でした。

そうそう、保育園で作ってきたお兄ちゃんのお面。
粘土で好きな鬼の顔を作って、その上にシ障子紙を小さくちぎったのをペタペタペタペタペタペタ貼って乾かして、型貫きして色付けしたもの。
けっこう時間かけて作ったみたい。
それぞれ形も大きさも違い、個性的でしたよ。
全くのオリジナルの作品。
素晴らしい。
Android携帯からの投稿