秋、運動会の季節ですね。
我が家の末っ子、5歳年中。
こやつがやたらプライドの高い?女でして。

{CE0B6DA4-3106-4036-A582-DC4EEE520F9C:01}
クラスでも割と体格がよく、
リーダー格でお世話好き。
運動も得意で、
逆上がりもうんていも、
誰より早く出来るようになりました。
足も早いので、
運動会のかけっこを見るのを
楽しみにしていたのですが……
去年と一昨年の運動会のかけっこ、
ヨーイどんが鳴っても
全く走らなかったのですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
一昨年は泣いて走らないので、
眠かったり調子悪かったのかな?
ぐらいに考えてたのですが、
去年、
走らない娘を見て気づきました。



毎年、
運動会の練習が始まると、
運動会はキライ、
かけっこイヤだとぶつくさ言っていたんです。




自分より足の早い子が一人だけいて、
いつもかけっこだけは一位になれなくて。
一位になれないのが超絶悔しいらしく。
そこでたどり着いた末っ子の結論が、


一位になれないぐらいなら、
はなから走らない。
だったみたいで。
それを本番に押し通し、
先生に引っ張られても押されても
動かない末っ子なのであった。
最後は先生に引きずられて走ってたね(笑)
何と言う根性の座り方Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
うぬぬぬ……(-。-;
私の脳内の私常識末っ子常識が格闘します。
私が今まで身につけてきた常識であれば、
たとえ負けるにしても
頑張って戦う事に意義がある。
戦う前に戦いを放棄する事は
逃げ、負け、弱い人間だ。
ってな感じ。
だからね、
やっぱりチラッと言っちゃったよ。
一位じゃなくてもいいんだよ。
走らないほうが負けなんだよって。
しかし、しかし……
末っ子見てると疑問が湧いてくる。
それって本当に弱い人間だろうか???
本当に戦わないのは負けなんやろか。
あれだけ大勢の注目とプレッシャーがある中で、
ただ一人走らないを選択し押し通せる末っ子は、
半端なく強い信念の持ち主なんではなかろうか。
私にはその度胸も考えも浮かばなかったわぁ。
いや、しかし、
出来ればやっぱ走って欲しい~( ̄+ー ̄)
葛藤するわぁ(笑)
今年はどうするつもりなのかしら…。
そう思ってたらば。
昨日、
帰ってきた末っ子がポツリと呟いた。
先生がかけっこ一位にさせてあげるよって
言ってくれた( ´ ▽ ` )ノ
ん?
何それ!?(・_・;?
どうやら、
末っ子より足の早い子とは別のグループで
走らせるって事みたい。
いやー、それ、どうよ(-_-;)
ザワるわぁ。
先生も
2年連続で運動会でゴネる
末っ子の性格をよく把握してくれてるのです。
何だろう、
裏口入学でもするかのような落ち着かなさが
私の中にはありますが。
いや、しかし、
ゴネて3年ががりでアピールしてきた
末っ子の作り出した現実、
叶えたい願いだったと考えれば、
末っ子の力だとも言えます。
走らない方法で勝負してきたと言う事ね
(-_-;)
うーむ。
まあ、別のグループで走ったからといって
一位になれるとはかぎりませんしね。
末っ子の人生ですもの。
末っ子がどう感じて行動していくのか、
お任せする他ありません。
私の常識と彼女の常識は別モノですからね。
本番がどうなるかはまだ分かりませんが、
末っ子の今年の動向が別の意味で楽しみな
ゲスい母であります。
どうなりますやらψ(`∇´)ψ
子育てしてると、
常識って何だろう?
にいっぱい気づきますね。
間も無く開催!
老若男女取り混ぜてお申し込みいただき楽しい会になりそう。
若干のお席あります。
ご一緒しませんか?
↓↓↓↓
9/20日曜愉快な仲間と行く春画展&ランチツアー




9月、10月に栃木で開催する真・性愛学基礎講座




無料の動画シェア、リバティーワークス2015




10/6ランチ女子会&ストリップ鑑賞ことりっぷ




師匠田中みっちの最新DVD再婚は最高編